舌癌の2回目の手術について

私が経験した、舌癌の2回目の手術についてお知らせしたいと思います。

1度目の舌癌手術から数年経過した時です。

 

正確には、1度目の手術が2010年10月12日。

2度目の手術が2013年7月18日。

この時の舌の状態も画像でシェアしたいと思います。

ご自身が舌癌かも、と思われている場合は参考にされて下さい。

スポンサーリンク






 

承諾書が残っていました。こちらもシェアします。

舌癌の手術承諾書 舌癌の手術承諾書

文字が小さいので書きだすと、術式名は、「舌部分切除術(術中迅速病理検査)」「腹部からの植皮術」となっています。

 

舌、部分切除 ですよ!

字が既に怖いです。

 

現在の状態

(この時の)現状として、

左舌縁~口底部にかけて発赤を伴う白斑を認めます。

病理組織検査にて上皮内癌の診断を得ています。現在明らかな転移は認めていませんが、放置すると癌が進行し、転移する可能性があります。切除手術が必要です。

とのこと。

 

舌なんてちょっと噛んだだけでも痛いのに、切るって・・・

考えただけでも体中の力が抜けます。

 

手術方法

約5~10mmの正常組織(安全域)を付けて口底部、舌の一部、下顎歯肉の一部を切除します。

また、腫瘍周囲には瘢根(はんこん)組織、舌下腺などが存在し、それらも一部含めて切除します。

 

舌癌患部

 

癌が確実に切除されたことを確認するため、手術中に組織顕微鏡検査を行います。

上皮異形成や上皮内癌の残存があれば追加切除します。

 

舌癌患部

 

切除部位には腹部から植皮を行い、丸めたガーゼを縫い付けて押さえます(タイオーバー)。

腹部はドレーンを留置しそのまま縫い閉じます。

 

よーく読むと、「極めてまれに麻酔などによってショックが生じることがあります。」など怖いこともさりげなく書かれています。

 

 

手術の結果

色々と怖いことが書いてある承諾書ですが、医者としても最悪のケースについて説明しておく必要があるのでしょう。

妻と2人で説明を聞いて、それぞれ同署にサインしました。

 

予定通りに手術は実施されました。

前回(1回目)の手術では、舌の患部を切って、縫いしぼめたので舌の皮が突っ張った状態でした。

どこか動かしにくい状態でしたが、2度目の手術ではお腹の皮を移植しています。

結論から言えば、2度目の手術はしてよかったと思います。

 

もちろん、舌癌を切除できたのは嬉しいことなのですが、術後の舌は快適です。

数日は痛くて痛くてしょうがないのですが、皮膚がパッツンパッツンだとやっぱり違和感がありました。

 

お腹の皮を切るなんて怖い内容でしたが、そのほうが良かったみたいです。

でも、もう一度手術を受けたいか、と言われたらもちろんNOです。

 

 

最後の手術から約2年。

年内に追加の手術が必要かもと思う日々です。

今度は舌癌ではありませんが、この時の手術で皮膚を縫い合わせたりしているので、舌の側面がガタガタです。

これを切ってトリミングする手術を勧められています。

 

先日の更新でもお知らせしましたが、舌の側面が隆起しているところがあります。

少し気になるので、これも合わせて手術せよと髪が言っているようにも思えます。

 

次回の検査は11月後半。その前にもう一度検査してもらって、手術するか打ち合わせたいと思います。

 

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す