舌癌の心配がある方へ

いつも当ブログ「舌癌と宣告された男のブログ」を読んでくださってありがとうございます。

昨日の更新でもお知らせしましたが、私は2度の手術をして、2度目の手術から2年以上経過しました。

 

私もここに来て私の口の中にトラブル発生です。

明日検査を受けることにしました。

現在同様に自分の状況を心配している方がおられたら、私の考えを参考に検査を受けようと思ってくれたら嬉しいです。

 

スポンサーリンク






 

どのようなトラブルが起きているのか

昨日の記事でも書きましたが、2年前の手術では、お腹の皮を舌に移植しました。

手術した時に舌の側面は白板症と上皮異形成があったため、3cm×5cm×5mm程度切り取る手術をしています。

 

その分の皮膚がなくなるので、お腹の皮が登場です。

こちらが手術後2年以上経過した状態の画像です。

現在進行形の白板症

 

白く見える部分は、恐らく白板症の再発です。

白板症自体は深刻な病気ではないため、この際あまり深刻に考えていません。

 

ご興味ある場合は、サイト上部の検索で「白板症」と入れて検索して見てください。

白板症について説明したページが出るようになっています。

 

 

問題は白いところのすぐ下ですが、小さい突起のような形状になってしまっている部分があり、気にしています。

ガタガタなのは歯の形です。

舌を歯に押し付けているようで、歯の形が転写されたような形になっています。

マウスピースがあれば、このガタガタがなくなると思い、時々通勤時などにマウスピースをしていました。

 

楽天で1,000円以下でした。

 

 

ところが、舌の突起物を押しつけてしまったみたいで、この部分から出血がありました。

通常、舌から血が出るなど有りえません。

 

 

どう感じたのか

また手術をするのはやっぱり嫌です。

 

初めての手術の時は、知らないことと、分からないことが多くて、「知らない」と言うことが不安でした。

まあ、これがこのブログを始めようと思ったきっかけでもありました。

 

一方、今は入院の大変さとか、手術後の痛さとか、術後食べられないことを知っています。

その辺りの辛さが分かるのでやっぱり不安です。

「食事」と言っても、こんな感じです。全部液体です。

 

舌癌で入院中の食事

 

でも、一番辛いのは全身麻酔です。

麻酔事態ではないのですが、手術後にチンチンに管を入れられるのが嫌です。

恥ずかしいから。

 

まあ、手術なのでその辺りはまだ我慢します。

私の場合、管を入れてもおしっこが出ないみたいなのです。

術後目が覚めたら1時間起き上がったらダメで、ベッドに横になっておく必要があります。

 

点滴をしたせいか、とにかくトイレに行きたいのです。

でも、管を入れてもでない。

1時間膀胱がパンパンでトイレに行けないのは辛いです

 

 

現状をどう感じているか

血が出ていることと、舌の側面に小さな傷があるようです。

お寿司を食べた時に醤油が滲みます。

これは、最初に病院にかかることになった症状と同じです。

 

これはまずいと思っています。

自分にとってとても不利な状況になっていると思っています。

 

結果どうするか

状態が良くないのは感じています。

 

病院に行くと手術しようといわれる可能性が高いです。

元々ガタガタの部分をトリミング手術しましょう、と言われていました。

 

しかし、私は自分の症状と向き合います

仮に良い状態であっても、悪い状態であっても、放置して良いことは何もないのです。

 

 

昨日のうちに病院に電話をして、検査の予約を入れました。

2015年9月30日病院に行って検査を受けに行ってきます。

どんなに悪い状態のことを言われても、受け止めできるだけ早く治療が終わるように判断します。

 

 

 

いかがでしょうか?

私に相談して来て下さる方の多くは、「舌に何か出来た」とか「舌が固い?」など、恐らく特に問題ない物だと思えるものが多いです。

一度病院で検査をしてもらって、安心して下さい。

きっとそっちの方がいいと思います。

 

私はかなり状況が良くないと思っていますが、私は検査に行くことにしました。

あなたも検査を受けるきっかけになれば幸いです。

 

 

 




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す