急遽、検査をしてもらうことにしました

舌癌のブログをやっていると、日々色々な相談を受けます。

そんな中で一番多いのは、「自分は舌癌ではないか」と言う心配のお問い合せです。

 

色々あります。

舌を噛んだとか、ケガしたとか、ピアスをあけたとか・・・

そんな時私がどう答えているのかお知らせします。

 

癌経験者が伝えたいことは多分同じだと思います。

 

スポンサーリンク






 

相談された時の答えはいつも同じ

相談してこられる方は100%何かしら自分の身体に不調を感じています。

もちろん、程度はあれ、自分は何かおかしいと感じている。

絶対に病院で診てもらうべきです。

でも、自分では病院にかかれないのです。

 

その理由をまとめました。

 

自分を信じられない理由

めんどくさい

自分の身体のことです。めんどくさがらずに。

めんどくさがらずに舌癌の受診を

 

時間がない

命よりも大事なものはありません。十分に時間は使った方が良いと思います。

どうせ検査だけだったら全然時間はかかりません。

10分とか、5分とかの可能性もあります。

時間がない・・・よりも、癌検診は優先です

 

どこに行っていいか分からない

舌に不具合があった時、どの病院の何科に行けばいいのか分からない方が多いです。

人間分からないことがあると不安になります。

舌癌の検査はどこに行ったらいいのかわらない

 

口の中の事は口腔外科で大丈夫です。

あごの下や耳の下あたりの場合も口腔外科の場合があります。耳に近い場合は耳鼻科の場合もあります。

そして、その口腔外科は歯医者さんと一緒になっていることが多いです。

正確には、歯医者さんが口腔外科も扱っています。

例えば、こちら。

うちの近所に新しくできた歯医者さんの看板です。

舌癌の検査は口腔外科

このように、口腔外科も書いてあります。

普段あまり縁がないところなので、見えていないだけなのです。

私もそうでした。

 

いくらかかるか分からない

確かにいくらかかるか分からないと不安かもしれません。

1,000円なのか、1万円なのかもわからないと構えてしまいます。

でも、普通に診てもらうだけなら1,000円とか、2,000円とかです。

全く問題なくて、さらに普段からよく行く歯医者さんに見てもらったとき、無料かもしれません。

その程度なので、確認はぜひされて下さい。

舌癌の検査の費用

 

大変なことになったらどうしよう

検査を受けることでとんでもないものが見つかったら・・・それも心理かもしれませんが、仮にとんでもないものだったとして、放置している方がとんでもないです。

 

早く診てもらって、安心した方が健康的です。

 

 

病院までの時間も、検査のお金も、全然必要ではありません。

「現在の状況に自分が向き合えるか」

ではないかと思います。

 

「なんかできてた」

「気づいたらこうなってた」

 

なんて思うかもしれませんが、癌も同じノリでいつの間にかなっているものです。

そして、逃げ道は無いのです。

逃げる時・・・それは自分の死の可能性を高めている時なのです。

 

 

多くの方の場合、何でもないと思いますので、ちゃんと医者に診てもらって、「大丈夫」と太鼓判を押してもらったら方がご自身が安心だと思います。

「安心料」だと思ってその対価を払ってください。

 

 

舌癌患者が恐れること

さて、これまでのことと関係していますが、舌癌だけでなく、全ての癌経験者が恐れることがあります。

 

それは、再発です。

 

一度ガンを経験している分、可能性は未経験の人よりも高いといえます。

また、自分でも「癌になった自分」をリアルに想像できます。

 

特に、舌癌の場合は口をあけたら見えます。

手術の後も状態が良い、悪いが一目瞭然です。

 

私自身、2度手術を受けています。

それぞれ切り取った皮膚からは癌細胞が出ていますので、再発していたと言っていいでしょう。

1度目の後も毎日舌を確認してしまいます。

ちょっとした口内炎でも色々思い出します。

 

醤油やスパイスが滲みた場合、大丈夫かな、と心配になります。

 

検査してもらうことになりました

私の場合、手術をしたところは、ガタガタです。

お腹の皮を植皮した為、お腹の皮を貼ったところはまだ白い感じですし、縫い合わせた部分はどうしてもガタガタになっています。

 

恥ずかしながら画像をアップします。

現在進行形の白板症

 

時間と共に少しづつ良くなっているようでもありますが、つるんとしたいわゆる「普通の舌」になるためには、トリミング手術と言う、簡単に言うと、ガタガタ部分を切り取る手術が必要です。

 

しかも、その出っ張った部分の一部が白くなっているように見えます。

(画像では少し黄色か、茶色に見える部分)

 

私の判断では「白板症」です。

白板症はそれ自体は悪い物ではないので、広がっていなければ切る必要はありません。

ただ、一部で傷のようになっている部分があるみたいでそこが滲みます。

 

普通のものなら大丈夫ですが、醤油とか、カレーのスパイスとか、酢とか。

このデコボコの後ろの部分はかなり気になっていて、時々触ったりしていました。

昨日、綿棒で触ったら少しだけ血が付いていました。

 

 

舌で血がつくなんて普通ではありません。

血が出た部分でまた細胞変異が起きていることを心配しています。

最悪の場合、そこに癌細胞がある可能性もあります。

様子を見るのもひとつの手ですが、早速医者に電話しました。

 

「不調があった時に診てもらった方が良い」とは、他人に言っているいい加減なことではなく、私自身も実行すべき重要なことなのです。

結果はこのブログでまたご紹介します。

費用などが気になる方もおられるでしょうから、実際にいくらかかったか公開します。

 

当ブログを「お気に入り」に入れておいて頂くか、メルマガにご登録頂いておけば、更新をお知らせするようにしています。

 

現在口の中のあらゆる不調で、病院に行こうかどうしようか悩んでいる人がいたら、その人が検査を受けるきっかけになれば、と思い公開しました。

 

若干グロ画像で恐縮ですが、ご了承ください。




スポンサーリンク


こちらの記事も読んで頂いています


                          

コメントを残す